日本語教員としてのスキルとは

日本語教員とは名前の通り、日本語を教えることになります。ですから、非常に簡単にそうに見えますが、実はそんなことはまったくないです。しっかりとした文法、用法、原理を理解していることが最低条件になります。そして、いくつかの資格があるので、どれかを持っていることが条件となっていることが殆どです。どれでもよいですが、大学を出るのがよいです。日本語教育に関するカリキュラムがあるところにすれば最上です。もちろん、これはいつから日本語教員を目指したのか、ということによっても違ってくるわけですが、高校の段階でそう考えたのであれば大学は専攻として日本語教育にしたほうがよいです。ちなみに別に後からでも取得できる日本語教育に関する資格はいくつもあります。養成講座などもありますから、それでもよいですが、格がやや劣ると判断するところが多くあります。

日本語教員の仕事のやりがい

日本語教員は日本語を日本語で教える仕事です。日本で日本語の勉強をしたいと考えている人も多くなっています。文化の違いもありますが、それでもやりがいを感じることが出来るでしょう。日本の文化だけではなく、日本語を教える国の文化や言葉にも触れることができます。様々な習慣の違いも自然と身につけることができます。日本語教員になるための勉強をする際には専門学校に通ってみるのもよいでしょう。年齢はあまり関係ありません。なりたいと決心をした時に挑戦をしたほうがよいでしょう。専門学校も様々なタイプがあり、夜間でも通うことが出来るようになっています。夜間であれば、仕事との両立も行うことができるようになっているので、短時間でも集中をして勉強をすることができます。大学でも習得をすることが出来るようになっていることがあります。

日本語教員は日本語を母国語としない人に教える

日本人であれば日本語がうまく話せる、きちんと文法が使えるかといわれると必ずしもそうではないかもしれません。それでも適当に生活することはできます。ある程度解釈などをすることができるからでしょう。日本語を全く話すことができない人にとっては聞いたことのない言葉などがあります。文法なども全く異なることがあり理解をすることができない場合もあります。日本語教員は、日本語を母国語としない人に教える人になります。日本人に教えるわけではありません。アメリカなどの外国で生活をしていて英語のみしか話せない人などが該当します。全くの外国人のこともあれば、外国で育った日本人などもいます。日本人でも外国で育つと全く日本語ができない人もいます。日本に来るにあたって日本語が話せる必要性が出てくることがあり、その時に学ぶようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

人材採用で気を付けたいポイント