日本語教員の需要はどこに

日本語教員の需要がどこにあるのか、といいますとそれは海外です。国内にもないわけではないですが、はっきりいって、かなり難しいことになります。ですから、海外で働くことを意識しておいたほうがよいです。それをよく認識しておくべきです。むしろ、これはチャンスであるといえます。個人的には少しでも多くの海外経験を積みたいと考える人が多いからです。それは人生のプラスになります。日本語教員ですが、誰でもなれるわけではないです。問題とされることは資格です。国家資格があるわけではないですが、いくつかの民間資格があります。それを理解して、まずは日本語教育能力検定を取得するとよいです。これを目指すことが実は最も手っ取り早いです。養成講座でもよいですが、500時間程度は勉強します。講座自体は400時間程度ですが、さすがに個人的にも勉強しないと駄目です。

日本語教員としての能力とは

日本語教員としての能力と言うのは意外と計りがたいです。そこで重要視されるのが資格です。まずは資格があってこそ、採用されることになります。その資格と言うのが実はいくつかあります。まず、大卒であることを前提にしますと養成講座を受けるのがよいです。これが最も無難であるといえます。日本語教師養成講座と言うのがあります。これはなかなか長い時間の講座になります。420時間になりますから、そこまで極端に厳しいとはいえないレベルではありますが、安易に取得できるわけではないです。それに講座を受ければよいわけではなく、そこからしっかりとスキルを身につけていることが条件です。日本語を教えること自体の国家資格があるわけではないので、ないとどうしても駄目と言うわけではないです。それでも事実上、資格がないと雇ってくれないです。

日本語教員の方は他の資格も取得しましょう。

日本語教員の方は仕事の質をさらに上げるためにも、他の資格も取得するようにしましょう。特にパソコンを扱う業務が非常に多いですから、パソコンに関係した資格を取得したら業務をさらにスムーズに行うことができるようになります。また勤めている学校次第で給料が大きく変わってきますが、仕事の質をしっかりと評価している学校でしたら自分の仕事ぶりを評価して高い給料を払ってくれる場合も十分あります。ですから仕事の質を上げるためにも、他の資格の取得も真剣に検討するようにしましょう。また他の言語の資格も取得しておくことで、さらに仕事を効率的に行うことができるようになりますから、時間に余裕がある方はどんどん他の言語の資格にチャレンジするようにしましょう。そうすれば給料を上げることができるようになるかもしれませんし、さらにやりがいを持って仕事に取り組むことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

人材採用で気を付けたいポイント